強いストレスと抜け毛

過度のストレスが体に良くないということを知っている人は多いと思います。もちろん髪にもよくありません。強いストレスが原因で、一晩のうちに髪の半分以上が抜け落ちるという人もいるくらいですから、甘く見ることはできません。

ストレスで髪が抜ける原因は大きく分けて2つあります。

自律神経の異常

1つは自律神経の異常です。ストレスを受けると、体の神経自体うまく機能しなくなります。そうなると頭皮部分の血の巡りが悪くなり、発毛に必要な栄養分がいかなると同時に、老廃物も溜まり始めます。そうなると、髪が抜け落ちてしまいます。

アドレナリンの過剰分泌

もう1つは、アドレナリンの過剰分泌です。アドレナリンはホルモンの一種で交感神経を興奮状態にしてしまいます。強いストレスを受けると過剰分泌され、活性酵素が増加して皮脂の分泌が大量になります。余分な皮脂は毛穴で蓋の役割をしてしまい、脱毛の原因になってしまいます。

悪影響を及ぼすストレスは、貯めてしまわないように解消する自分なりの方法を見つけておかなくてはなりません。体にも心にも悪いものは、当然髪にも良くないのです。毎日を楽しく過ごすことが理想ですが、辛いこともありますのでその日のうちに発散・解消させるように心がけましょう。

抜け毛に気をつけろ!